日給の計算は楽でいい

日給とは、その日に働いた労働者の対価として支払うお金の金額を決める方法の一つです。

日給の計算は楽でいい

日給の計算は楽でいい

日給とは、その日に働いた労働者の対価として支払うお金の金額を決める方法の一つです。様々な労働の対価を決める方法がありますが、日給では、その日一日働いた対価です。つまり、その日一日分の給料の金額があらかじめ設定されており、必ずその金額を支払わなければなりません。その日給の金額を決めるのは企業の自由で、例えば「6時間労働で日給6000円」とすることも出来ますし、「7時間労働で日給7000円」とすることも、当然出来るわけです。そのため、日給の金額の他に、何時間労働かを記載しておく必要があります。

特にこの日給は、短期アルバイトや短期パートを雇う時によく用いられる方法です。特に一日だけのバイトだと、時給換算して後々支払うよりも、あらかじめ日給を設定して終了した後に手渡しする方が楽で簡単ですし、企業も支払うお金をあらかじめ準備しておけばいいだけなので、お互い利点が多いのが日給という制度です。また、派遣社員の現場でもよく使用されており、イベント会場や祭りなど、その日しか必要ない働き手を募集する時、日給で募集した方が色々と便利な状態を作り出せます。やるべき仕事はきちんと行い、支払う給料は支払うことで、この制度は成り立っています。